書初め大会

posted in: 未分類 | 0

あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

本年もよろしくお願い致します。

 

弊社では社員全員で今年の抱負を書初めしました。

筆なんて久し振りに持ちましたが、気持ちが引き締まりますね。

 

書初めは本来1月2日に行うものだそうです。

小学生の頃は意味も分からず、宿題だからという理由でやっていた方が多いと思いますが

調べてみたらちゃんと「書初めをする意味」があったんです!

 

①文字をキレイに書けるようになる

昔は文字や詩を書くことにあたって、ちゃんとしたキレイな感じやひらがなを書けることは必須でした。

神様に自分の書いた文字を収めることで、文字がキレイにかけるようになることを願いました。

さらに、昔は1月11日にドント焼きという行事があり、その炎で文字を書いた紙を焼くことで、字が上手くなると言われていました。

 

②一年の意気込みを表す

今年1年の頑張ることやしたいことを書道で書き、それを1月2日の仕事始めに行うことによって、

この1年仕事がとっても上手くいくと言われています。

 

日本の文化は奥深いですね。

皆様は今年の目標を決めましたか?

Leave a Reply