watanabe_main

資産つくりは人生作り 貴方の未来を創ります

渡辺 大

営業部 本部長

はじめまして、茨城県出身の渡辺大です
体は小さいですが、何か大きな事を成し遂げてほしいという思いでこの名前になったと親から聞いております

お客様から未来をどうしたいか?どうなりたいか?をお伺いした上で
無知、無意識、無関心の「無」を取ることが私の信念になり、
お客様の明るい未来の為にお役に立てればと考えております

私はこれまで多くのお客様に対し、一人一人の明るい未来に焦点を当て
資産形成や誰でもできる簡単な家計簿作成のアドバイスを行って参りました

プロフィール

氏名:渡辺 大
生年月日:1986年3月19日
出身地:茨城 古河
血液型:AB型

保有資格 / 特技 / 実績など

普通自動車免許証 MT
ビジネス能力検定3級
日本小動物獣医師会 動物看護師
フォークリフト免許証(玉掛け・クレーン5t)

趣味

人と接すること
一人一人の言動や目元、手元、足元の動きで個性を捉え、
年齢、職業等、お客様の歴史の背景を考えること

テニス

スノーボード

イベント企画
(リアル桃鉄、鎌倉の街をチャリンコで旅しよう、大人の運動会など)

漫画
BECK ギャングキング 3月のライオン 蟻の王 自殺島

ビールを飲むこと

略歴

幼少期

祖父の家(母の実家)で生まれた時から動物に囲まれて育つ
(材木店兼ドッグブリーダーであった為、
世界一でかい犬グレートデーンやドーベルマン、養豚場、烏骨鶏、イグアナなど)

景気が良い時は贅沢三昧を幼い頃に経験
だが景気が悪くなり材木店が倒産、
土地も売ることとなり家族、親戚がバラバラになり母と私のみで生活するようになりました

小学校時代

いじられキャラ
母がアパレルでおしゃれにうるさかった為、おしゃれになり女子にはモテ、
周りの男子から嫉妬されました

母の影響で絵が好きになる

ミニ四駆にハマり大会に出場

中学校時代

あまり目立たないキャラ
中学一年、小学校と異なり勉強のレベルが上がり挫折
勉強が嫌いになる

親友が1人できる
心の友となりその1人とつるむことが多くなりました

モテた中学時代
卒業式に女子の後輩にボタンとネームを全てあげてしまいました

高校時代

テニスに没頭
夢中になることの面白さを肌で感じました。
テニスを純粋に楽しむ心を持っていたからか肩に小鳥が止まったことがあります

県大会に出場
本当の友達、仲間、何かに一生懸命になることを学びました
この時の顧問の先生は私の人生で最も尊敬する方になります

先生は私があまり裕福でない家庭だったのを心配して頂き、
私の専門学校の入学金を出してくれ、その気持ちは大人になった今でも忘れられません

「自分に限界を作るな、限界は他人が作るものだ」
根性、精神論、今でも社会人として根強く生きています

高校2、3年生の時に生徒会長になる
テニス部の部費を2.5倍に増やすことに成功しました
全校ルーズソックスを廃止し、紺のハイソックスに統一
一般公開しなかった文化祭を公開にさせました

この時、人生で絶頂のモテ期を経験

専門学校時代

大宮動物専門学校 動物看護科 入学

勉強、バイト三昧で勉強のやり方や働き方を学びました

社会人時代

専門学校卒業後も同学校にて講師として就職
女性だらけの世界で女性を知り、動物に対しては人のために動物がいる事、生きるも死ぬも人間次第という現実を知り退職

 

【小松製作所入社】
契約社員ながら22歳にして月収38万円を頂き
年収は500万円となり浪費を覚えてしまいました
しかしリーマンショックの煽りを受け契約社員が一斉解雇、退職

 

【セイコーインスツル入社】
3ヶ月連続夜勤 一人で12時間2フロアを切り盛りしました
リーダーになる為に会社行事、会社の改善活動積極的に行い、
この頃から現状を把握し、将来をきちんと見据え投資を始めました

会社が3期連続赤字が続き、自ら転職を決意

人生一度きり、20代のうちに東京で働いてみたいという気持ちが芽生えました

 

【Kajino Holdings 代表取締役社長 梶野輝仁との出会い】
梶野社長に投資についてなにも知らない私に一から丁寧に教えて頂きました
私の将来についても相談に乗ってもらい、相談のつもりが面接、内定

梶野社長から正社員ながら最初は時給888円と
かなり厳しい条件を提示されるもここで自らの人生の決断をしました
敢えて自らを厳しい環境に置こうと家賃98000円のところに住み自分を追い込みました

1、2年目は東京やビジネス、そして人。
知らない事を学び、傷付き、落ち込むことが多かったですが、
経験や知識を自分の糧とし「自分に限界はない!」と奮起

この時、東京で働き成長している自分にテニスの顧問である先生の言葉がすごく身に沁みました

そんな未熟な私でも1年目から多くのお客様とご縁を頂く事ができ、
お客様としても良き友人としてもお付き合いさせて頂いております

梶野社長と二人三脚で忙しい毎日を過ごす中、
お客様に喜んで頂く幸せ、働く意義や自らの人生の舵を取る事を学んでいます

今では社員も増え、経済的な充足や私も後輩を率いる立場になりましたが、初心を忘れないようにしています

日々、様々なお客様と出会い、いろいろなお話を聞かせて頂いている瞬間がとても幸せです

これまでもこれからもご縁に感謝し、皆様にお会いできる時を楽しみにしています